リンク集

2009年10月31日

昼ごはん

今日はお昼に中国系のお店で麺を食べてきました。
Fish paste(魚滑)と言う名前でした。かまぼこか?

Fish paste.JPG

かまぼこのようなものが確かに入っていました。器の左下あたり。
麺はきし麺のような平べったい麺です。
麺もこしがあり、味もさっぱりで美味しかったです。
3.8RMでした。今日実際に私が両替したレートで101円。安い。。。

posted by SayGo at 15:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

4度の影響

英国、地球の気温が4度上昇した場合の世界地図を公開> ecoolより

COP15を間近に控え、英国気象庁が、世界各国が気候変動対策に失敗した結果、
地球の平均気温が産業革命前と比較して4度上昇した場合に
起こるかもしれない影響をあらわす世界地図を作成したそうです。

地球全体で4度上昇すると、地上では平均で5.5度上昇するそうです。
それにより、水不足、農作物などに色々な影響を及ぼすとの事。

The impact of a global temperature rise of 4ºC (7 ºF)




日本では熱帯低気圧の影響が大きいってことですかね。
九州・沖縄は色々な影響が予想されています。

今は産業革命前と比較してどれくらい上昇しているんですかね?

どうやら0.7度みたいです。ちょっと古いのかもしれませんが、そんなに変わっていないでしょう。
独立行政法人 国立環境研究所 地球環境研究センター Q&Aより

これが現実になるのか分かりませんが、こんなニュースが出ていました。
「ポスト京都」議定書の年内採択断念 COP15> asahi.com

 新議定書への合意が遅れている理由として、新たな議定書は中国など新興国にも
 削減を促す内容にすべきだと主張する先進国と、先進国だけに削減義務がある
 京都議定書の存続を求める途上国との溝が埋まっていないことを挙げた。

こんなの溝が埋まる訳ないですよね。
各国が自国の有利になるように話を進めようとするんですから。
政治が絡むと色々と大変なのでしょうけど。

どうも経済発展と環境保護の2つがあった時、経済発展が優先されているように感じます。
「環境・生物多様性保護なくして、今後の経済発展はない」
みたいな論調でも結局は経済発展のための環境保護になっているように思います。
企業の場合は利益を求めなければいけないから、それは仕方がないのかな。

難しいですね。私にはまだ分かりません。
とりあえず、国レベルの話では環境を第一に考えてほしいですね。

みんながちょっとずつ我慢するのが一番だと思うんですけどね。


応援宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by SayGo at 08:00| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

とんでもない会社

今日は本の紹介です。
と言っても、生物多様性とは全く関係ありません。
完全に宣伝です。

『放っておいても明日は来る』就職しないで生きる9つの方法
高野秀行+とんでもない奴ら


高野秀行氏は日本を代表するエンタメ・ノンフ辺境探検作家。
凄い肩書ですね。ブログはこちら。<辺境・探検・冒険ブログ MBEMBE ムベンベ>

本のタイトルも凄いですが、著者に「とんでもない奴ら」とあります。
このとんでもない奴らにNGSの代表取締役社長の二村が含まれているそうです。。。

インターネットでの本の紹介はこんな感じです。本やタウンから転載します。


 希望あるドロップアウトのススメ。唖然呆然大笑いの対談集。
 辺境作家・高野秀行が組織に属さず独自路線を歩むゲストと、
 とんでもない生き方について語り合います。

 就職するはずだったマレーシアの空港についたら会社がなかったり、
 ダイエットのつもりで始めたキックボクシングにハマって、
 タイでプロのムエタイ選手になってしまったり、
 赴任した先は拳銃もライフルも自由に売っているとんでもないところだったりと、
 もう我々と同じ世界に住んでいるとは到底思えません。

 しかし、世間からは完全にドロップアウトしているように見える人たちが、
 その落ちた先で見つけたのは、あまりに自由な生き方でした。

 【本書に登場するとんでもない奴ら】
 ・マレーシアで無一文 → 生物資源会社創設  ←NGS代表取締役社長
 ・辺境好き → ミャンマーで冒険旅行会社設立
 ・ダイエットでボクシング → プロのムエタイボクサー
 ・映画会社宣伝マン → ビエンチャンでカフェオープン
 ・ミレニアムでタイ旅行 → 国際派バンド結成
 ・サラリーマン → 沖縄映画プロデューサー
 ・駒澤大学探検部 → 屋久島でネイチャーガイド
 ・学生運動で牢獄入り → 日韓翻訳エージェント設立
 ・早稲田大学探検部 → 辺境作家

                 以上転載

とんでもない社長と言う事は、とんでもない会社って事ですよね?
そして私はとんでもない社員。一番まともな社員だと思ってますけどね。

ご興味があれば是非どうぞ。
posted by SayGo at 08:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

持続可能は可能?

Eco Japanにこんな記事がありました。
資源ウォーズと地球と生態系
コンゴ民主共和国から手を引く欧州企業資源


一部転載
 9月18日のロイター通信によると、英国の非鉄精錬大手のAMC社が、
 アフリカのコンゴ民主共和国(以下、DRコンゴ)産のスズ鉱石の購入を中止すると発表した。
 その理由は同社によると、精錬子会社がこれまで、違法に取引されたスズ鉱石を買わないように
 努力をしてきたが、人権団体によるネガティブキャンペーンや国際メディアの批判によって
 企業の評判が傷つけられたためということである。
 DRコンゴの東部、東南部では金、銅、コバルト、スズ、タンタル、ダイヤモンドなど
 豊富な鉱物資源が産出される。これらが長年、反政府軍やルワンダ解放民主軍(FDLR)といった
 非人道的な武装勢力の主要な資金源となってきた。
                     以上転載
         
スズ、タンタルは携帯電話やゲーム機などの電子部品に欠かせない金属だそうです。
我々にも決して無関係な話ではありません。
が、私も含め多くの人が無関心なのではないでしょうか。

そして、途上国での問題を知っても携帯を手放そうとは思わないと思います。
携帯の使用をやめない時点で、私も生物多様性の破壊や、武装勢力に加担しているかもしれない。
だから、私はこのAMC社を批判する立場ではないのかなと思います。

では、私は何をすればいいのか?
分かりません。。。何をすればいいんですか?
携帯の分の生物多様性をどこかでオフセットする?
これでは現地の問題は何も解決しません。
新しい携帯を二度と買わない?
新しいのが出ると欲しくなりますよね。壊れる前に買っちゃいます。
金属リサイクル?これは良いですね。最近よく聞きます。


レアメタルの話に戻りますが、AMC社が購入をやめたところで
中国が買ってしまう可能性があるそうです。同様の問題が世界の至る所で起きているそうで、
こうした問題を解決するための国際的取り組みとして
グローバル・コンパクト(Global Compact)の「人権・労働・環境・腐敗に関する10の原則」
「採取産業の透明性イニシアチブ(EITI)」などがあるそうです。

この二つに関して私は今調べてちょっと読んだだけで、良く分かりません。
ただ、これらの取り組みを主導するのは資源を利用する方の国だということは分かります。
おそらく現場で働いている人たちはこの取り組みは全く知らないでしょう。
知ったところで、どうすることもできないのではないでしょうか。
この現実を変えていかないと何も改善されないように思います。
利用することを前提として作られた取り組みに私は大きな期待を持てません。

資源を使わないことが資源国にとって最良であるのならば、
利用する側はそれを受け入れる必要があるのではないかと私は思います。

色々考えがまとまらないんですが、こういったニュースを見ると、
『快適な生活=生物多様性の破壊』と考えてしまいます。
そして、快適な生活を決して手放そうとしない自分がいるのも事実です。
「持続可能な利用」を可能にしないと。できるのか?今の私の疑問です。

紹介した記事と同じシリーズの以前の記事にこんなことが書かれていました。

資源国の悲惨が指し示す人類の危機 より一部転載
 
 生物多様性というとき、それは企業が事業所を新しく建設するにあたって、
 生物多様性保護・保全のために周辺の樹木を大切にしましょうとか、
 外来種を植えないようにしましょうといった次元とは違うということを訴えたい。

日本の多くの企業が現在この状態ですね。
私の頭の中もこの状態。皆さんも同じではないかと思います。
将来的には生物多様性保全のために我慢しなければいけないことも出てくるんでしょうね。

良く考えるのですが、日本中のエアコンを夏場に止めたら気温どのくらいになるのかな?って。
一度試してみたいんですよね、無理だけど。意外とエアコン要らないかも?

最後に日本のレアメタルに関するニュースを2つ。
鉱物資源機構、プラチナ鉱山の権益取得  YOMIURI ONLINE
東芝:レアメタルでカザフと提携 年内にも合弁 毎日jp
これは大丈夫なのかな??



だらだらと長くなってしまいました。
しかも良く意味が分からない文章を最後までお読みくださりありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければクリックお願いします。


posted by SayGo at 08:00| Comment(0) | CBD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

シンポジウム紹介

私の職務怠慢?のためイベントの紹介が多くなってしまっているので、
カテゴリに「イベント」を追加しました。これで少しは使いやすくなると思います。

私自身、前に紹介したか確認するのに一苦労でしたから。。。

と言う事で、新カテゴリが出来たので今日もシンポジウムの紹介です。

「農業に有用な生物多様性の指標開発」(第2回)
日時:平成21年11月18日(水曜日)13時30分〜17時30分
場所:ベルサール九段、イベントホール 住友不動産九段ビル3階
主催:農林水産技術会議事務局、 農業環境技術研究所、 農業生物資源研究所
スケジュール:講演の部 13時30分〜15時15分(休憩15時15分〜15時30分)
        ポスター発表の部 15時30分〜17時30分
参加費:無料

参加の申し込みはこちらから
添付資料はこちら

講演の部で生物多様性日本アワードの優秀賞を受賞した
「コウノトリ育む農法」に関しての報告があるようです。
生物多様性 日本アワード(NGS通信)

posted by SayGo at 08:00| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。