リンク集

2010年06月30日

シンポジウム

環境省環境研究総合推進費プロジェクト
里山・里地・里海の価値とその管理:新たなコモンズ論の展開に向けて


日時:2010年7月9日(金) 13:00−17:30
主催: 国連大学高等研究所、(独)国立環境研究所、横浜国立大学、
   東京大学、人間文化研究機構総合地球環境学研究所
共催:環境省
会場:国連大学本部 エリザベスローズ会議場(5階)
言語:日本語
一般公開、入場無料。2010年7月6日(火)締切。

人と自然が調和し、人々に様々な恩恵をもたらしてきた里山・里地・里海では、人口減少や高齢化が進み、農業形態や生活様式の変化が著しく、人間活動が縮小することによる危機が継続・拡大しています。このため、こうした地域で、生物多様性や生態系の価値を損なわずに、自然資源を活用することが求められています。また、生物多様性の保全と持続可能な利用は、生物多様性条約の目的であり、国際生物多様性年でもある本年10月に愛知県名古屋市で開催される生物多様性条約第10回締約国会議では、生態系の持続可能な利用・管理について国際的な議論が進展することが期待されています。

里山・里地・里海は、いったい人間社会にどれ程の価値をもたらしており、そうした価値を生物多様性を損なわずに最大化させるためには、人間は自然にどの程度手を加えるべきなのでしょうか。また、今後、地球規模を含む様々なレベルで自然環境や社会経済が変化し、新たな課題に直面する中で、里山・里地・里海を保全し、持続的に活用していくためには、どのような制度、しくみを構築していくべきなのでしょうか。

昨年より、環境省環境研究総合推進費プロジェクト E-0902「里山・里地・里海の生態系サービスの評価と新たなコモンズによる自然共生社会の再構築」の支援を受け、里山・里地・里海がもたらす生態系サービスを定量的・定性的に評価するとともに、国土の将来シナリオを作成し、自然共生社会の再構築に向けた政策の選択肢を提示することを目指す研究を行っています。本シンポジウムでは、この研究の中間結果を報告して、今後の里山・里地・里海の利用・管理のしくみとしての新たな共同管理のあり方(コモンズ)について広く意見交換し、研究成果の政策的な展開を検討することを目的として開催します。

posted by SayGo at 09:13| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

100日前イベントA

COP10 100日前イベント「生物多様性と開発セミナー」

【日時】2010年7月12日(月)18時30分〜20時30分
【会場】国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟会議室
【交通】小田急線参宮橋駅下車 徒歩約7分
【参加費】500円
【定員】80名(どなたでも参加可能。定員に達し次第締切)
【申込期間】7月11日(日)

 2010年10月に名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議 (COP10)が開催されます。
 生物多様性の分野では、環境保全という視点だけでなく、開発、貧困、
 人権、地域づくりなど多様な視点から考えていくことが重要です。
 また、生物多様性の保全のためには、人間が豊かで多様な生き方、
 暮らし方をしていくこと、すなわち人と人、人と自然、まちとむら、
 南と北の間に豊かで多様なつながり、かかわりをつくりだしていくことが必要です。

 このたび、生物多様性条約市民ネットワーク(CBD市民ネット)
 *「生物多様性と開発」作業部会**では、100日前イベントとしてセミナーを開催します。
 セミナーでは、途上国と日本の地域の事例を1つずつ取り上げ、お互いの実践を交流し、
 参加者の皆さんとともに「生物多様性と開発」について学びを深めていきます。
 ご関心のある方は、ふるってご参加ください。

posted by SayGo at 16:01| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

講演会

C.W.ニコル氏特別講演「森から未来をみる」

日時:2010 年7月7日(水)  15:00〜16:30
場所:麻生市民館大ホール  ※小田急線 新百合ヶ丘駅北口より徒歩3分
参加費:無料 (定員500名 事前申込をお願いします)
ポスターはこちら(pdf)

 このたび、当社(アジア航測(株))の技術交流会「テクノフォーラム2010」におきまして、
 環境保護活動家のC.W.ニコル氏による講演会を開催いたします。

 2010年は名古屋で「生物多様性条約締約国会議(COP10)」が開催されるなど、
 環境問題が国際的に注目されている年です。
 今回当社ではC.W.ニコル氏を迎え、「日本の自然の素晴らしさ」「生物多様性」
 「環境保全における行政・企業・個人の役割」などをテーマにご講演頂きます。
 後半では、環境コンサルティングに携わる当社社員を交えて、パネルディスカッションを行う予定です。

 ご家族やご友人をお誘い合わせの上、ぜひこの機会に皆さんでご参加ください。
posted by SayGo at 10:09| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100日前イベント

CBD市民ネットと中部地方環境事務所によるCOP10/MOP5の100日前イベントの開催について

 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)及びカルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)の100日前イベントとして、フォーラム「開催地からのメッセージ〜あいち名古屋宣言に向けて」(7月11日、名古屋国際会議場)及び「生命流域シンポジウムin王滝村」(7月17、18日、名古屋市民おんたけ休暇村)を生物多様性条約市民ネットワーク(CBD市民ネット)と中部地方環境事務所との共催により、開催します。


・フォーラム「開催地からのメッセージ〜あいち名古屋宣言に向けて」
開催日時:平成22年7月11日(日)10:00〜17:00
開催場所:名古屋国際会議場 国際会議室
定員:300名

・「生命流域シンポジウムin王滝村」
開催日時:平成22年7月17日(土)〜18日(日)
    ※17日(土)8:30 金山総合駅北ダイエー前の道路集合
開催場所:名古屋市民おんたけ市民休暇村(長野県木曽郡王滝村3159-25)
参加費:1万円(学生:7000 円)※宿泊費、食事代、保険料等。
定員:150名

posted by SayGo at 09:05| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

フォーラム

生物多様性フォーラム
〜未来の子どもたちに「いのち輝く地球(ほし)」を引き継ぐために〜


日時:2010年7月31日
場所:知多市勤労文化会館 やまももホール
参加費:無料(定員300人)
内容:
基調講演
 九里 徳泰さん(富山県立大学教授)
 マリ クリスティーヌさん(COP10広報アドバイザー)

パネルディスカッション
 コーディネーター 飯尾  歩さん(中日新聞論説委員)
 パネリスト 九里 徳泰さん
       矢部  隆さん(愛知学泉大学教授)
       稲垣 隆司さん(前愛知県副知事)
       富田 啓介さん(名古屋大学研究員)
 コメンテーター  マリ クリスティーヌさん

 生物多様性は、全ての人間活動を支える大切な基盤で、誰にとっても関係のある問題です。
 COP10の開催を機に、生物多様性とは何か、「わたし」とどんな関係があるのか、
 その保全等に向けて「わたし」は何をすれば良いのか、
 「わたし」と「知多」の視点から一緒に考えてみませんか?

posted by SayGo at 16:00| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。