リンク集

2010年10月22日

セミナー

人間の安全保障展関連セミナー「生物多様性と貧困―私たちの暮らし方―」

日時:11月4日(木曜)18時30分から20時
会場:JICA地球ひろば 1階 市民のひろば 【地図
主催:JICA地球ひろば
対象:ご興味のある方ならどなたでも
定員:40名程度
参加費:無料


2010年は国連が定めた「国際生物多様性年」です。

「生物多様性」とは、あらゆる生物種の多さと、それらによって成り立っている
生態系の豊かさやバランスが保たれている状態を言い、
さらに、生物が過去から未来へと伝える遺伝子の多様さなどを含めた幅広い概念です。

生物に国境はなく、一国だけで生物多様性を保存しても十分ではなく、
世界全体でこの問題に取り組むことが重要です。
このため、1992年5月に「生物多様性条約」が制定され、
2010年6月現在、日本を含む192ヶ国と欧州連合(EC)が締結しており
(米国は未締結)、世界の生物多様性を保全するための
具体的な取り組みが検討されています。

この条約には、
先進国の資金により開発途上国の取り組みを支援する資金援助の仕組みと、
先進国の技術を開発途上国に提供する技術協力の仕組みがあり、
経済的・技術的な理由から生物多様性の保全と持続可能な利用の取り組みが
十分でない開発途上国に対する支援が行われることになっています。

「国際生物多様性年」の今年は「発展と貧困解消ための生物多様性」をテーマに
生物多様性の重要性についての認知度を高めるため、
世界各地で様々なイベントが行われています。
また、10月には愛知・名古屋で
「生物多様性条約第10回締結国会議(COP10)」が開催されます。

今回のセミナーでは、COP10の本会議場サイドイベント
「貧困削減と生物多様性保全」(10月27日)のファシリテーターを務める、
草野孝久(JICA国際協力専門員)を講師に迎え、
イベントの結果をお伝えするとともに、自身のたくさんの開発途上国での経験を
踏まえ、生物多様性に起きていることや生物多様性と貧困との関係、
そして私たちの暮らしの中で生物多様性が果たす重要な役割や
私たちがするべき暮らし方などを解きほぐしながら
みなさんとともに生物多様性について考えてみたいと思います。
posted by SayGo at 13:26| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。